• TOP
  • ウェルネス

大自然の中で体をのんびり動かして、
心も体もリフレッシュ

大自然を感じられる開放的な空間の中で、太極拳をベースにしたストレッチ体操や、
一碧湖の周辺散策などのアクティビティをお楽しみいただけます。
自家菜園の無農薬野菜を食しながら、静かでゆったりした時間をお過ごしいただけます。

太極拳 Tai Chi Chuan

太極拳 TextTextTextTextText

太極拳をベースにしたストレッチ体操のゆるやかな
動きで、心身共にリラックス。

太極拳とは、中国武術の起源となった拳術です。腰を中心に手足のバランスをとり
曲伸する運動で、病気治療・健康保持・体力増進を図ります。
腹式呼吸により内臓を鍛えながら、全身の筋肉や関節に刺激を与えて体を引締め、
精神安定及び、気力・筋力・体力UPに効果があります。
自宅でも無理なく続けられるストレッチを習得できます。

時間 基本:AM10:00~11:00
(約1時間)
基本:PM16:00~17:00
(約1時間)
場所 一碧湖畔若しくはホテル敷地内庭園
料金 無料

体操の流れ

体の調子・体力に合わせ無理なく行います。

1. 挨拶 あいさつを行います。
2. 立禅・用手 心を静め準備する・簡単なストレッチです。
3. 八段錦 深い呼吸を伴った屈伸運動を八段に分けて行い、血液循環を改善して体中の
気を巡らせます。運動の意味を説明しながら、一段事に進行します。
4. ストレッチ ストレッチを行います。
5. 挨拶 あいさつを行います。

※当日の状況により、流れの一部を変更させていただく場合がございます。

一碧湖ガイドウォーク Ippekiko Guide Assistant

一碧湖ガイドウォーク TextTextTextTextText

一碧湖ガイドウォーク TextTextTextTextText

一碧湖ガイドウォーク TextTextTextTextText

一碧湖ガイドウォーク TextTextTextTextText

一碧湖湖畔を、
伊東自然歴史案内人がご案内します。

一碧湖ガイドウォークは、一碧湖の歴史や、一碧湖特有の植物や野鳥など「一碧湖ならでは」「この季節だからこそ」の解説を聞きながら、2時間ほどかけてゆっくりと湖畔を一周します。
ガイドウォークのお申込みはホテルフロントで受付中です。ご希望日の前日午後3時までにお知らせください。

予約制になります。

集合場所 吉田隧道駐車場(イトーピア一碧テニスコートそば)
所要時間 約2時間
集合時間 午前の部 10:00 / 午後の部 13:00 
案内 伊東自然歴史案内人
(催行人数により1~数名の案内人がご案内します。)
料金 お一人様500円(高校生以上)

ガイドウォークの流れ

集合場所は、吉田隧道駐車場(イトーピア一碧テニスコートそば)になります。

  • 1 エノキと
    クヌギ、木道
  • 2 どんぐり小径
  • 3 サワラの径
  • 4 観光橋
  • 5 芝生広場、与謝野
    鉄幹・晶子の歌碑、
    十二連島
  • 6 弁天様、一碧湖
    神社、萩用取水口
  • 7 紅葉広場、
    お経島
  • 8 ブルーギル
    放流記念碑
  • 9 観察橋
  • 10 吉田用隧道
  • 到着

  • 沼地

    沼地

    フトイ、アシ、オギの湿生植物が豊かで、ツバメのねぐらや水鳥の隠れ場所としても重要です。

  • どんぐり小径

    どんぐり小径

    木の花や実、野草、野鳥に出会える雑木林。ここを過ぎるとサワラやヒメシャラの道が続きます。

  • 一碧湖(大池)

    一碧湖(大池)

    釣りやボート遊びが楽しめます。
    十二連島やお軽島を眺めながら約一時間で周遊できます。

  • 芝生広場

    芝生広場

    晩年の与謝野晶子・鉄幹夫妻が毎年のように訪れました。エノキやナンキンハゼの大木が見事です。

  • 紅葉広場

    紅葉広場

    冬芽、新芽、若芽、深緑、紅葉などその時々の樹木の変化の様子が見られます。

自家菜園の野菜を使用した料理 Cuisine Made With Homegrown Vegetables

自家菜園の野菜を使用した料理 TextTextTextTextTextTextTextTextTextText

当館の自家菜園は料理長拘りの農薬:栽培期間中不使用にこだわって栽培した野菜で夕食時や朝食時にも使用しております。
朝食時にご提供させて頂くバーニャカウダーにも使用しており野菜本来の味わいをお愉しみいただけます。
※時期によって栽培する内容はことなります。

自家菜園の野菜を使用した料理 TextTextTextTextTextTextTextTextTextText